敏感肌に本当に良いシャンプー アロマのやさしさ

本当に頭皮と髪の毛にいい成分だけを作ると、一時的に表面的、仕上がり感が悪くなってしまい売れなくなってしまう・・・という市販のシャンプーの作られ方から疑問を持ったことが開発のきっかけになったという、本当にいいシャンプー“アロマのやさしさ”をつかってみました。

aroma-yasashisa024

頭皮や髪の毛の健康を考えて、シャンプーは安心なものを使いたいけれど、どう選んでいいかわからないって人には、かなりしっかりとした考えでつくられたシャンプーなので、ぜひ使ってみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

本当にいいシャンプーっどんなシャンプー?

aroma-yasashisa031

最近ではノンシリコンシャンプーだとか“髪にやさしい““無添加”“植物性”“アミノ酸”“天然成分配合”とかかれたシャンプーが目につくようになりました。

消費者が、食べ物と同じように安心安全なシャンプーを求めているってことはわかってくれているようですが、本当にいい成分だけでシャンプーは、使ってすぐに結果がでません。

しばらく使い続けないと髪の毛がさらさらになったり、頭皮が元気になったりしない上、今まで市販の石油系シャンプーをつかっていた髪の毛につかうと、泡立ちがよけいにわるくなったり、髪の毛がごわごわしたりして、一時的にさらに使用感が悪いと感じてしまいます。

本当にいいシャンプーをつくってもうれなくため、ほんの少しの植物由来のアミノ酸をいれて、“天然アミノ酸シャンプー”として売り出していることがあります。

実際、シャンプーの後ろをみると成分がずら~とかかれていて、ひとめでこれが悪いものをいっさいつかっていないシャンプーだとわかるという人はそうそういないと思います。

アロマのやさしさはそういった、一時的にすぐに結果として現れるモノは一切排除して、からだや顔も安心して洗えるお肌にやさしく安全な成分のみでつくられている本当にいいシャンプーです。

私たちが避けるべき成分

アロマのやさしさについていたサッシがお役立ちでした。

aaroma-yasashisa001

アロマのやさしさがどんないいシャンプーかということが書かれていただけではなく、消費者である私たちが、誤解して宣伝文句にだまされないように、本当によいシャンプーを選ぶのに役立つ情報がたっぷり乗っています。

避けるべき成分の代表例は

ラウレス硫酸Na・ラウリル硫酸Na・パレス-3硫酸Na

名前に“硫酸”とつくものは安くて泡立ちがいいことが特徴ですが、強い脱脂力とたんぱく質変性作用があります。脱脂力が強いと頭皮に必要な保湿因子までも流してしまい、髪の毛がやせてしまったり、抜けてしまったりします。

また、たんぱく質変性作用は、たんぱく質をこわしてしまうこと。

たんぱく質が壊されると慢性的な肌荒れやニキビの原因となってしまいます。

お肌が弱い人、敏感肌の人は特に気を付けたいものです。

オレフィン(C14-16)・スルホン酸Na

安くて泡立ちがよく、洗濯用、住居用洗剤にも使われる成分。洗剤に使われるほど洗浄力が高く、脱脂力、たんぱく質変性力は硫酸系とかわらないほど強いのが特徴です。

シリコン・コーティング剤

シリコンは即効的に髪の毛にツヤがあるような演出をする働きがあります。髪の毛のいたみを補修するのではなく、演出しているのです。

シリコンは髪の毛からはがれおちるときに、自身のキューティクルも一緒にはがしてしまうことがあります。

コーティング剤の多くは低分子カチオン界面活性剤と言われるもので、髪の毛を柔らかくすることができますが、コーティング剤が最も頭皮に悪い影響を与えます。

防腐剤パラベン

パラベンは防腐剤として使われる成分ですが、強い殺菌力をもっているため、肌が弱い人、アトピーやニキビを持っている人には、刺激になることがあります。

これらの成分はアロマのやさしさにははいっていません。

ゆっくりと髪育てていくシャンプー

aroma-yasashisa034

アロマのやさしさは、安心、安全な食べ物が地味だけどじっくり健康なからだをつくるように、じわじわと効果を発揮します。

つかってすぐにさらさらになったとか、ツヤがでてきたとわかるシャンプーではありませんが、赤ちゃんからおとしよりまで、肌が弱いにも使える安心なシャンプーです。

aroma-yasashisa030

つかってみましたが、アロマの香りがほんのりとするアミノ酸シャンプーで、泡立ちはふだんからアミノ酸シャンプーを使う私にはふつうでした。

じっくりと頭皮と髪の毛の健康をはぐくんでいきたい方つかってみてください。

トライアルはこちらから>>【お試し】アミノ酸シャンプー「アロマのやさしさ」

本品購入はこちらから>>アミノ酸シャンプー「アロマのやさしさ」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
トップへ戻る