肌が弱い人、敏感肌のニキビケアにビーグレンニキビケアプログラム

ニキビができそうなゴワゴワ肌になってきたので、ビーグレンのニキビケアプログラムのトライアルを使ってみました。

bglen3

ニキビケアというと刺激が強いのが心配ですが、ビーグレンのアクネは、お肌に負担をかけず、肌トラブルのもとにアプローチしてくれるので、敏感肌なんだけど、ニキビができるという人におすすめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

天然クレイで不要な汚れを吸着して落とす

bglen10

こちらが洗顔のクレイウォッシュ。

bglen15

洗顔には天然クレイが含まれています。

泡立てて汚れを落とす洗顔料ではないので、水をふくめるとヌルヌルとした状態になりますが、それを顔に円を描くように30秒ぐらいなじませると、汚れにくっつき、汚れと余分な皮脂をからめるようにスムーズに落とします。

必要なうるおいは残してくれるので、肌に負担をかけません。

ついついニキビがあると、洗顔時間が長くなってしまいますが、30秒でいいのでさっとなじんでするっとオフ。

これがいいような気がします。

ニキビ用の洗顔は、つかうと刺激のあるものもありますが、クレイウォッシュは、まったく刺激がなくヌルヌルっとしているので、お肌にやさしく感じます。

抗炎症作用のある有効性成分がニキビにアプローチしてくれるので、洗顔だけでもお肌をすこやかに保ってくれます。

炎症を抑えながらニキビのできにくい肌へと導く化粧水

bglen11

とろみのある化粧水 クレイローション。

ニキビ=あぶらっぽいお肌=さっぱり系の化粧水のイメージですが、ニキビケア用のクレイローションは、とろっとしたテクスチャー。

こちらにも洗顔と同じ天然クレイがはいっていて、顔にうるおいヴェールを作ってお肌を守ってくれます。

あったかい♪皮脂バランスを整える美容液

bglen12

つけた瞬間ほんのりあったかくお肌にぴたっとなじむ使用感。

他では味わったことがない使用感のCセラム。中には、高濃度7.5%に配合したピュアビタミンCが入っています。

ただ入っているだけではなくてとってもちっちゃいカプセルに閉じ込め、肌の奥の奥まで浸透するので、肌への負担が少なくて、少量でもしっかり浸透するそう。 これが、敏感肌への刺激を大幅に軽減してくれます。

うるおいキープでにきびのできにくい肌作りへ

bglen13

最後にこのゲルで閉じ込める。“QuSomeモイスチャーゲルクリーム”

ここまで、どれもヌルヌルの使用感で、本当にニキビ肌にこんなに重いものをつけて大丈夫かな・・と思ったのですが、これもまたゲルクリームなので、とろっとしています。

水分を角層の奥へ引き込み、肌本来がもっているうるといを作り出すチカラをサポートをしてくれ、うるおいをキープしてくれます。

全部つけると、もうべたべた。

つかって3日ぐらいは、慣れなくて「これ重すぎるわ~」とおもっていたのですが、よくよく説明書をよんでみると、この後使う、美容液、ゲルクリームを2分ぐらい間隔をあけて使うことでべたつきをおさえますとかいてあるので、それをそのまま実行してみたら、大丈夫でした。

使ってみた感想

bglen9

トライアルを使ってみて、ニキビができそうなごわごわ肌がやわらかくなったのは事実です。

やわらかいお肌にニキビってできにくいので、続けていけばもっとよくなりそうな実感はありました。

他に、パッケージの中にニキビケアのための食生活、睡眠、メイク、紫外線、ストレス、入浴など生活習慣のアドバイスもかかれていて、なんかとってもニキビに悩んでいる人にとっては、参考になるのではと思います。

刺激が少ない、お肌にやさしいってことで、こどもニキビにも使えますし、なかなかよかったです。

肌が弱い人のためのニキビケアにおすすめです。

購入はこちらから>>ニキビ肌修復 サイエンスコスメb.glen

ビーグレンは、ネットで解決ってことで、勧誘電話などはいっさいかかってきません。それもうれしい♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
トップへ戻る