アルニカ成分が入ってるボレロエッセンスローションはニキビができやすい敏感ごわごわ肌に効果的♪

私のお気に入りの化粧水、“ボレロ”から新商品がでました。その名も“ボレロエッセンスローション

“ボレロ”とは京都大学と大阪市立大学の共同研究開発で生まれた、科学的根拠のあるアンチエイジング成分 “ナールスゲン”が入っている化粧水です。

このナールスゲンがアレルギーもあり、ニキビもできやすい私の肌を落ち着かせてくれました。

詳しくはこちら⇒ボレロ私の口コミ

私はこのボレロのシンプルでさっぱり感が大好きだったんだけど、私のように脂性肌ではない人からは、“肌が乾燥する”“もうすこししっとり感が欲しい”という声があがったらしく、その声を反映させてバージョンアップしたものが“ボレロ エッセンスローション”です。

boleroessence004

すでに去年秋ぐらいからモニターさせてもらってかなりいいと思ったので、その使用感などを紹介しますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ボレロエッセンスローションに入っている成分

boleroessence007

ボレロエッセンスローションに入っている全成分はこちら

水、グリセリン、BG、1,2ヘキサンジオール、トレハロース、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na、カルボキシメチルフェニルアミノカルボキシプロビルホスホン酸メチル、ラミナリアディギタータエキス、アルニカ花エキス、加水分解ローヤルゼリータンパク、(アスコルビル/トコフェリル)リン酸K、ポリクオタニウムー61、ココイルアルギンエチルPCA、水酸化レシチン

ボレロに比べるといろいろ入っています。

アルニカ花エキスが敏感×ニキビにいいみたい

boleroessence010

詳しく中身をみてみると・・・

1,2-ヘキサンジオール・・・保湿剤、抗菌性があり、防腐・殺菌目的に使われる
BG・・・保湿剤、抗菌剤、エキス抽出剤
トレハロース・・・保湿、ハリ、弾力
パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(次世代型ビタミンC誘導体 / APPS)・・ビタミンCをより浸透させるもの
カルボキシメチルフェニルアミノカルボキシプロビルホスホン酸メチル・・ナールスゲン
ラミナリアディギタータエキス・・・海藻からとれる成分 ニキビの炎症を抑える効果や毛穴の黒ずみ解消効果
アルニカ花エキス・・・保湿作用・収れん作用 肌荒れ・ニキビなどに
加水分解ローヤルゼリータンパク・・・保湿剤、乳化安定剤
(アスコルビル/トコフェリル)リン酸K・・・抗酸化、美白効果
ポリクオタニウムー61・・・ヒアルロン酸の約2倍の保湿力
ココイルアルギンエチルPCA・・・殺菌防腐剤
水酸化レシチン・・・保湿剤、酸化防止、乳化作用

たしかにナールスゲンと水と防腐剤がわりにはいっていたグレープフルーツ種子エキスのみが入っていたボレロに比べてビタミンC誘導体他保湿剤などお肌によさそうなものがはいっています。

ただ、私の目的は、お肌の皮脂バランスを整えて、ニキビができにくい健康で元気な肌になることなので、保湿とか増えてしっとりしすぎるといやだな~そう思って使い始めました←ネガティブな人

ちょうど、秋。

私は季節の変わり目である秋にニキビができやすく、特に秋は花粉症もあってか、肌がごわごわになるという最悪のコンディションの中、このボレロエッセンスローションの試供品をいただきました。

つけて、2日ぐらいで、ごわごわの肌がだんだん落ち着いてくれるのが手にとるようにわかりました。

なぜか、実感するのに時間がかかるといわれているナールスゲンですが、私の肌には短期間で反応があります。

おそらくなんですが、ナールスゲンってもともとお肌がきれいな人より、ボロボロの人の方が実感しやすいんじゃないかと思うんです。

販売元のQuCDさんに、“思ったより(失礼!)すごくいいですよ~季節の変わり目にニキビができやすいごわごわした肌がなんだか落ち着きました~”

と伝えたところ、“それはアルニカのせいじゃない?”

と言われました。

アルニカってなんだっけ・・なんか聞いたことがあるなと思ったら、以前肩こりや腰痛がひどく、ヴェレダのアルニカオイルを使っていたのでした。

アルニカオイルでマッサージすると代謝機能を高め血行を促進しコリをほぐしてくれる効果があったのですが、アルニカ花エキスは保湿作用・収れん作用のほか、抗炎症作用・刺激緩和作用・血行促進作用もあり、敏感肌用化粧品によく使われていることが多いそうです。

まさに敏感肌でアレルギーもあり、にきびもできやすい。しかも血行不良な私にぴったりな成分が入っていたというわけ!

さらに

ニキビができている肌はリノール酸が不足しているために、炎症性物質が肌バリアを通り抜けてニキビを炎症させてしまうそうなのですが、ラミナリアディギタータエキスには、リノール酸がたっぷりはいっているため、ニキビケアにはいいといわれているようです。

とくに、できてしまったニキビより、ニキビができやすいお肌に使うと炎症を抑え、ニキビの進行を防止してくれるという効果も。

アウニカとラミナリアディギタータエキスのおかげでお肌のごわごわがなくなり、お肌がやわらかく、元気になってきました。

なんでもないときには、ボレロで十分だけど、季節の変わり目の私のような敏感肌の方にはとってもいいと思いますよ!!

ボレロエッセンスローションの使用感

boleroessence005

ボレロもボレロエッセンスローションもスプレーに入っています。

肌トラブルなどの気になるところに朝晩スプレーして、軽く押さえて肌になじませるだけ。

保湿成分が入ったので、化粧水自体もしっとりしたのかと思いましたが、つけごこちは、ボレロのようにつけたらさらさら~という感じではありません。やっぱりボレロよりしっとりします。

でも、化粧水自体はシャバシャバでやっぱりスプレーの方がつけやすいです。

ナールスゲンはアンチエイジング成分なので、お肌自体を元気にしてくれます。

私に限ってはですが、大人になってからのニキビは、ニキビ用のコスメよりもアンチエイジングコスメを使った方が効果的です。

肌に元気がなくなって、皮脂バランスが崩れていると思うんですよね。

ニキビ自体を退治するというよりも、ナールスゲンのようなアンチエイジング成分で、お肌自体を元気にすると、アレルギーもニキビもごわごわ肌も花粉症もよせつけない健康な肌になる気がします。

アルニカ成分入りボレロエッセンスローションは敏感肌のニキビができやすいお肌に試してみる価値はあると思いますよ♪

気にいった♪

ボレロエッセンスローションはコチラで購入できます⇒QuCD

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
トップへ戻る