抗菌力+やさしい潤いで敏感肌ニキビの乾燥対策ができる どくだみ緑茶VCE

ニキビがちなお肌の保湿ケア用につくられたどくだみ緑茶VCEを使って2週間がたちました。

これをいれて、手作り化粧水を作ったときの記事はこちら⇒敏感肌×ニキビに低刺激のやさしい保湿 植物エキス・どくだみ・緑茶VCE

あれから約2週間。

毎日つかいましたよ~。

dokudami2014021

ハンガリーウォーターにまぜて使った化粧水がもうすぐ終了。

敏感肌でニキビができがちな私の感想を紹介しますね~。

植物エキス:どくだみ・緑茶VCE

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ハンガリーウォーターとの相性

dokudami6

どくだみ緑茶VCEは手作り化粧水にいれる一つの成分です。

私はハンガリーウォーターにいれて使ってみました。

ハンガリーウォーターとは、ハンガリー王妃御用達の伝説の美容液ハンガリーウォーターを再現したハーブ水。

若返りの水ともいわれるハンガリーウォーターを毎日使っていた王妃は、72歳のときにポーランド王子から求婚されたという逸話が残っています。

フルフリさんで売ってるハンガリーウォーターは、収れん成分とはりを与える成分を豊富に含む、ローズマリーがメインに配合されています。

ローズマリーには抗酸化成分が豊富に含まれており、皮膚の老化を防ぐ効果があるそうです。

肌に元気がなく、ニキビができやすい私のお肌には、ぴったりなハーブ水です。

さらに、ローズマリーの香りは、気分を明るく元気づけてくれる香り。

どくだみエキスは香りがほとんどないので、ローズマリーの強いハーブの香りがきりっとしてとってもいい香りです。

この香りも大好き♪

保湿液もたっぷりいれて作ったので、しっとり潤うのに、収れん効果もあり、しかもどくだみの抗菌力でニキビができやすいオイリー肌もこれをつけるとしゃっきり、すっきり。

朝おきたときに顔がべたついてないのがまず最初によかったことです。

敏感肌でニキビ肌にいいというコスメってすごく少ないと思うんです。

ニキビ用のコスメを使うと刺激が強すぎで、敏感肌用というものは、乾燥肌用のものが多く、刺激が少ないものを使うと肌がべとべとになり、よりニキビができやすくなります。

このハーブウォーター+どくだみエキス配合の化粧水を使うと、きちんと殺菌力はあるのにべたつかず、しかもお肌にうるおいを与えてくれ、ハーブウォーターのおかげで収れん効果もあるので、私のような難しいお肌の人にはなかなかいいと思いましたよ。

どくだみ緑茶エキスのニキビ効果

敏感肌のニキビにいいと聞いて買ってみたのですが、実際には、ニキビができやすいお肌の弱い人用の保湿向けのエキスなんですね。

だから、つけるとお肌がべたつかず、でもうるおうというのは、すぐに感じました。

ただ、それでニキビが治ったかというと・・・

私の場合は、つけて何日かたっても特に何も感じずでした。

つけても浸みるとか、乾燥することもなく、リラックスできる香りだし、使い心地はいいので、快適に使い続けることができましたが、これでニキビがどうこうっていうことはなかったかな。

1週間ぐらいすると、顔の赤みは落ち着いてきました。

そして、毛穴もひきしまってきたように思います。 ニキビに関しては現状維持。

2週間つかってみた私の感想は以上です。

私の場合、保湿不足でニキビができているのではないと思うんですよね。 だから、保湿がうまくできたからといって、ぐんと改善するというものではなかったように思います。

もしニキビができやすいけどお肌がとっても乾燥する、ニキビ用の化粧水では、お肌が乾燥しすぎてよけいにニキビができてしまうという人にはいい化粧水じゃないかなと思います。

なんだか、効果が弱く感じたので、途中から顔半分にボレロを付けてからこちらの化粧水をつけると、お肌がよりお肌がやわらかく、お肌に元気を取り戻したようにおもいます。

保湿ではなく、ホルモンバランスが崩れている、肌が元気がなくてニキビができやすいという人は、肌本来のチカラを取り戻した上で、こういうお肌にやさしい保湿を使うとさらに、敏感肌のニキビができやすいお肌にはよさそうです。

どくだみ緑茶VCEはまだまだあるので、違うハーブウォーターと合わせてつかってみようと思っています。

クチコミでも、ぐんとよくなるというよりは、じわじわ長く使うといいみたいという声があったので、長く使ってたしかめたいです。

植物エキス:どくだみ・緑茶VCEはこちらから購入できます ⇒フルフリフリフラ

手作り無添加化粧水 フルフリ

フルフリさん初めてご利用の方は使い方がわからないと思いますが、↑この手作り化粧水キットと合わせて、ココに入れて使うのがおすすめ。作り方はこちら⇒手作り化粧水作り方

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
トップへ戻る