大人ニキビと女性ホルモンケア

女性は、30歳手前をピークに女性ホルモンがだんだんと減っていきます。お肌が脂っぽくて、大人ニキビができやすいという人は、女性ホルモンがへって、男性ホルモンが活発になっているのかも。

女性ホルモンケアを行うことで大人ニキビが改善することがあります。

woman2001

女性ホルモンケアってどんなこと?を紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

女性ホルモンとは?

女性ホルモンには、大きく分けて二つ

エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)

があります。

この2つのホルモンは、脳から指令を受けて卵巣から分泌されます。2つのホルモンの分泌量がバランスよく増減することで、生理が規則的にやってきて、女性のからだの美と健康が保たれています。

エストロゲン⇒別名“美肌ホルモン”、肌のターンオーバーを促す、ハリ・弾力女性らしい体をつくる

プロゲステロン⇒皮脂分泌をうながす、排卵後(生理前)に多くなりむくみ、肌荒れがしやすくなる

エストロゲンの分泌量は女性の一生でわずかティースプーン1杯と言われており、20代半ばをピークに減少をはじめ、ストレスやホルモンバランスが乱れた生活が続くと、年齢以上に分泌量は低下し、年齢肌の悩みが増える原因になります。

女性ホルモンのバランスが乱れる原因は?

女性ホルモンのバランスを乱す大きな原因は心のストレスとからだのストレス。

体のストレス

冷え ・ 肩こり ・ 気温や気圧の変化 ・ 急激なダイエット ・ ハードな仕事 ・ ほこり ・ 排気ガス ・ 運動の過不足 ・ 食事の過不足 ・ 睡眠の過不足

心のストレス

人間関係 ・ 仕事 ・病気の悩み

女性ホルモンが乱れるとどうなるの?

ホルモンバランスが乱れると大人ニキビ、吹き出物、毛穴の黒ずみ、肌の乾燥、

といった肌トラブルに影響を与えます。

お肌だけでなく情緒不安定になったり、内臓肥満になることもあります。

逆に女性ホルモンが整っていると

  • 生理のサイクルが順調
  • 肌がきれい
  • 女性らしい体型
  • 髪の毛が元気に
  • 骨が丈夫

と全体的にはつらつとした印象になります。

女性ホルモンを整えるには?

女性ホルモンの分泌量がへったり、分泌のピークが乱れたりする、“ホルモンバランスがくずれた”状態になると、からだに変化が生じます。わかりやすいのは生理の乱れ。量が多かったり少なかったり、生理痛がひどかったり、不順になったりしていると女性ホルモンが乱れていることが多いです。

女性ホルモンのバランスの乱れは生活習慣や食生活などにより整えることができます。

女性ホルモンを整える香り

woman2003

最近の研究では、バラの香りが女性ホルモンの分泌にいい影響を与えることがわかっています。

バラの香りは月経前症候群(PMS)や更年期症状のイライラ、など気持ちをやわらげ、女性の生殖器への効果が高く、ホルモンバランスの改善、子宮強壮、血行促進作用、生理不順を整えます。

オーガニックコスメにはダマスクローズを原料に使っているものも多く、化粧水や美容液の香りで女性ホルモンを刺激することができます
>>HANAオーガニック
>>オラクル

バラだけでなく,ゼラニウム、クラリセージ、イランイランなども女性ホルモンのバランスを整える香りがありますので、アロマバスやハーブティーなどで試してみてください。

女性ホルモンの分泌を刺激する運動

woman2002

血流を改善すると、卵巣の働きが高まり女性ホルモンの分泌がスムーズに行われます。

血流を改善するには運動。

腹式呼吸をしながら緊張した筋肉と心を緩めます。そして、腰を伸ばしたり、ウエストをひねったり、足の裏やつま先伸ばし、寝転がって手足をぶらぶらなど全身の筋肉を緩めます。

最後にまた腹式呼吸。運動はやりすぎもやらなさすぎもダメ。駅は階段を使う、買い物は歩いていくなど適度な運動で血流をよくしていきましょう。

女性ホルモンをサポートする食品

女性ホルモンを補うという“イソフラボン”は大豆の胚芽に含まれます。これは女性ホルモンのエストロゲンに似た構造を持ち、体の中で、エストロゲンを補うように働きます。

大豆製品、豆乳、油揚げ、豆腐、きなこ、納豆、みそなど積極的にとると生理不順や更年期症状をやわらげ、骨粗しょう症の予防やお肌を美しく作用があります。

またビタミンEは若返りのビタミン。体の中でプロゲテロンの材料になるのと同時にホルモンの分泌やバランスを整えるH多良木があります。

アーモンドなどのナッツ類、アボガド、うなぎやたらこなどに豊富に入っています。

その他女性ホルモン整える方法

睡眠時間に気を付ける

ホルモンが分泌されるのは夜10時~朝の2時。肌のターンオーバーのこの時間に活発になるといわれているため、この時間は寝ているようにしましょう。また規則正しい生活習慣で、ホルモンと自律神経の中枢である視床下部を安定して働かせることができます。

朝しっかり太陽の光を浴びることで、副交感神経から活動のための交感神経へとスイッチの切り替え。体のリズムが整えられます。

忙しくても朝食はしっかり。朝食に豆乳や納豆ごはんなど、イソフラボンを摂取してみましょう。

保湿しながら眠る快適パジャマはこちら>>ぐっすり眠れる保湿パジャマ

ゆったりした服を着る

しめつけで血流が悪くなると肩こりや冷えの原因になり、卵巣の働きもわるくなります。服はゆったりめを選びましょう。

エアコンはカラダを冷やします。外と中の温度差のストレスは自律神経が乱れることも。夏でもカーディガンやブランケットでからだをひやさないようこころがけましょう。

タバコ・お酒は控える

お酒の飲みすぎは睡眠の質を低下させます。ビールは利尿作用が高く、体温を奪い、冷えの原因になります。

また、タバコはカラダの末端の毛細血管の血流を悪くして冷えの原因に。ニコチンは女性ホルモンの分泌や作用を低下されるといわれています。

お風呂にゆっくり入る

ゆっくりお風呂に入ると凝った体と緊張した心がリラックスできます。自律神経の働きも活動のための交感神経からリラックスの副交感神経へと切り替わります。

神経バランスを整えることはホルモンバランスの安定にもつながります。

女性ホルモンが整うと心もからだもいきいきとした女性らしい魅力があふれてきます。方法はいろいろありますが、1つずつはじめてみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
トップへ戻る