こどものつかるだけアトピーケア・みんなの肌潤風呂

これまでも使ったことがあるみんなの肌潤糖から新商品がでました。

hadajunburoDSC01785

“みんなの肌潤風呂”はお風呂にいれる入浴剤。アトピーなどのお肌が乾燥している、がさがさ、ごわごわ、むずむずって人におすすめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こどもの簡単アトピーケアにおすすめ

hadajunburoDSC01782

我が家は親子ともどもニキビ、アトピーに悩まされている家族ですが、みんなの肌潤糖は“こどもにやさしいスキンケア”だと思っています。

というのも、皮膚が弱い子にとって、ケアって結構負担でストレスを感じるものです。

お風呂に入るとかゆくなるし、薬をのんだり、保湿剤をつけたり。その保湿剤がべとべとすぎてまた気持ち悪くなったり・・。薬を塗り忘れてママに怒られたり(笑)。

でも、みんなの肌潤糖は、てんさいから抽出したビート糖(砂糖)からできていて、それをお風呂のときにお肌にのせてパックするだけ。

とても気持ちがいいから自発的にやってくれて、お風呂の時にするってことで、忘れることもなく、こどもにはストレスフリーで楽しいアトピーorニキビケアだと思っています。

そのシリーズってことで、今回のみんなの肌潤風呂も、こどもにやさしいものでした。

入浴剤なので、そのお湯につかるだけ。温泉に入るとそれだけで肌がよくなりますが、みんなの肌潤風呂も入るだけでお肌がしっとり。しかも香りがレモンやオレンジの柑橘系で、リラックスできます。

入るだけなのでとっても楽です。

みんなの肌潤風呂に入っているもの

みんなの肌潤糖には、てんさいからとったビート糖が入っていいましたが、今回のみんなの肌潤風呂にもビート糖が入っています。

お砂糖は、水分を引き寄せるチカラがあり、煮豆をみてもそう。硬いお豆も砂糖をいれて炊いてやるとふっくら煮豆になるようにお肌をやわらかく整えて、さらにうるおいを浸透させてくれます。

ビート糖以外には、別府みょうばん温泉の湯の花も配合。

ふつうの湯の花は硫黄がかたまったものですが、別府みょうばん温泉の湯の花は、青粘土と温泉ガスが化合したものでミネラルが豊富に入っています。

皮膚や汗腺の油脂やよごれを取り除いてくれます。

アトピーの人は、せっけんでごしごしなどは肌に負担をかけてしまうので、汚れがとれる肌潤風呂につかるだけでも十分ですね。

みんなの肌潤風呂の全成分はこちら

セスキ炭酸Na、炭酸水素Na、スクロース(ビート糖)、酒石酸、別府温泉精製湯の花エキス、ホホバ油、ヒポファエラムノイデス果実油(サジー由来)、酸化チタン、ポリアクリル酸Na、ポリアクリル酸、ベントナイト、エチドロン酸4Na、水、ポリクオタニウム-10、オレンジ油、レモン果皮油、グレープフルーツ果皮油

オレンジ油、レモン果皮油、グレープフルーツ果皮油のおかげで大人にもこどもにもリラックスできるとってもいい香りがしますよ~。

肌潤風呂にはいってみた感想・口コミ

肌潤風呂にはいってみました。

hadajunburoDSC01775

付属の軽量スプーンの半分ぐらいの量をいれて、やや白っぽくなるぐらい。

入浴剤といっても、そんなに見た目はわからないなって思ったのですが、

hadajunburoDSC01778

入ってみるとお湯がとっても柔らかくなっているのを感じます。
このお湯でからだをやわらかくなり、しっとりと。

保湿成分がはいっているから、温泉にいったときと同様、洗い流さずにタオルでふくだけのほうがしっとりします。

注意事項としては、滑りやすいので、こどもとお風呂にはいるときには、気を付けてあげて・・と書いてあったのですが、入るときより、時間がたってからお風呂を洗うときのほうが危険です。

次の日、すっかり忘れていて、水を落とし、浴槽を洗おうと思ったらつるつる。

入っているときは、かきまぜられて大丈夫でしたが、一日たって下にたまり、水を流したら入浴剤がのこっていたみたいで、すべりました。気をつけて!!

それ以外はいいことづくめの入浴剤でした。これから乾燥の季節がはじまります。

入るだけスキンケアでお肌がすべすべになるのはいいですね。こどもだけでなく、お年寄りにも最高だと思います。

購入はこちらから>>みんなの肌潤風呂

合わせて使うと効果的

>>アトピーの肌もしっとりつるつるに潤うみんなの肌潤糖
>>お砂糖でスキンケア?小学生のニキビ予防ケアにおすすめみんなの肌潤糖クリア
>>こどものアトピー化粧水 みんなの肌潤ろーしょん

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
トップへ戻る