薬草と山野草のチカラで頭皮のかゆみにアプローチ いちえ水Ⅴ 頭皮毛髪保護液

山野草と薬草の100%天然植物原料、化学物質完全無添加の、いちえ水のサンプルをお試ししてみました。

ichiesui21

髪の毛に有効な成分をもつ薬草を18種類も配合し、野草の抗菌力抗酸化力抗炎症力などのエネルギー成分をそのままに。さらさらのローションで頭皮をすこやかに保ちます。

購入はこちらから→いちえ水頭皮毛髪保護液

スポンサーリンク
スポンサーリンク

いちえ水とは?

ichiesui24

いちえ水は山野草からお茶を煎じてつくっていた開発者が、敏感肌の妻のために開発した化粧水。化粧水いちえ水に含まれる植物エキスは、茨城県阿武隈山脈の八溝産地に自生する山野草からとったものです。

山野草が生きている新鮮な状態で加工し、抽出する際にも一切化学薬品をつかわない完全オーガニック。“いちえ”という名前は、開発者の名前でもあり、顔の見える、正直でまじめな化粧水です。

いちえ水Vの特徴

いちえ水にはⅠ、Ⅱ、Ⅲ・・・とシリーズ化していますが、今回ご紹介するのはいちえ水Ⅴ.頭皮毛髪保護液です。

髪の毛用にはいちえ水Ⅰといちえ水Ⅴがありますが

いちえ水Ⅰ⇒髪の毛のボリュームアップしたい方向け

いちえ水Ⅴ⇒抜け毛予防とパーマやヘアカラーで受けたダメージヘア向け

とありますが、どちらも頭皮をすこやかに導くことで髪の毛にいい影響をあたえてくれます。

山野草は自社で採取 生きたまま加工

いちえ水Ⅴにはいっている成分

水 ・ グリセリン ・ アオキ葉 ・ アカメ柏葉 ・ アロエ葉肉 ・ ハコベ ・ ツワブキ ・ ドクダミ ・ ハトムギ ・ クズ葉 ・ クワ葉 ・ オオバコ葉 ・ センブリ ・ ヨモギ葉 ・ しょうが ・ ニンジン ・ ギシギシ葉 ・ ビワ葉 ・ 松葉 ・ チンピ

水以外はすべて植物から抽出した植物エキス。抽出にもこだわりがあり、薬草や山野草が本来持っているチカラを発揮させるため、生きている新鮮な状態で加工します。

また、植物エキスはすべて自社で採取、加工、熟成しています。契約農家からとか、自社農場でそだてているというところはありますが、山の中に入って自社でとりにいっているというところがすごいめずらしく、原料にこだわりがあることがわかりますね。

植物がとれる八溝山地は、ジュラ紀から白亜紀の砂泥でできているため、ミネラル等の栄養素が豊富です。そこに育つ植物も自然のエネルギーをたっぷりもらった野草、薬草がいっぱいなのだそう。

天然グリセリンを使用

グリセリンには石油を原料とする合成グリセリンとヤシの実などの植物を原料とする天然グリセリンがありますが、植物エキスは生きた状態で加工することで、薬効を生かしています。合成のと使うとせっかくの薬効が変質してしまいますので、いちえ水には、ヤシの実からとれた天然グリセリンがつかわれています。

いちえ水Ⅴの中に入っている成分の効能

ichiesui23

グリセリン→保湿
アオキ葉→抗炎症・化膿防止・成分の相乗効果促進
アカメカシワ→消炎・鎮痛作用 アセモ・かぶれ対策
アロエ葉肉→レクチン、ポリフェノールで抗炎症・抗真菌・湿疹・細胞代謝促進
ハコベ→抗炎症・止血
ツワブキ→抗菌・湿疹
ドクダミ→抗菌、抗アレルギー、消炎、湿疹
ハトムギ→頭皮への栄養
クズ葉→切り傷、鎮痛
桑葉→消炎、髪の毛の成長促進
オオバコ→消炎、抗アレルギー、抗腫瘍
センブリ→スウェルチアマリンが頭皮にしみこみ血行促進 栄養や酸素を贈る
ヨモギ葉→髪の毛に栄養を与える、止血、抗膿炎
ショウガ→血行促進、フケ防止
人参→脱毛、白髪帽子
ギシギシ葉→抗菌、湿疹
ビワ葉→抗炎症
松葉→湿疹、カユミ、打撲
チンピ→抗菌、発毛

と髪に有効な成分をもつ薬草を18種類も配合されています。

いろんな成分がはいっていて、毛細血管を元気にし、毛乳頭に十分な栄養をおくれるように働きます。その結果、フケ、カユミを抑え、切れ毛、枝毛、抜け毛を防ぎ、頭皮毛髪に潤いやハリコシをあたえてくれます。

抗アレルギー作用もあり、アトピーや敏感肌、切り傷、かぶれなどトラブルがある人でも使いやすいです。

いちえ水Ⅴの使い方

ichiesui26

使い方は、シャンプーや入浴後に1日1~2回いちえ水Ⅴを頭皮や髪の毛に噴霧し、頭皮マッサージします。噴霧といってもサンプルはスプレータイプではないので、ややつけにくかったですが、トントンとたたきこむようにつけると流れることなく上手につけれました。

髪の毛が汗でにおうときには脱臭効果も。また、シャンプー後にリンスとしても使えます。リンスとして使う場合には洗い流さずそのままで。

実際につかってみたところ、シャバシャバのテクスチャーで髪の毛についてもべたべたせず、頭皮をしっとりとうるおしてくれますので、ふけやかゆみには特にいいんじゃないかなと思いました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
トップへ戻る