敏感肌のこどものバレエメイクに使える マジョリカマジョルカラインハンター(アイライナー)

資生堂ワタシプラスで石鹸で簡単にオフできるアイライナー“マジョリカマジョルカラインハンター”の先行モニターに当選しました。

majorica-hunter003

アイライナーなど普段は使わない私ですが、こどものバレエメイクに使います。

舞台メイク用のものを使っているのですが、ただですら敏感肌のこどもに、落ちにくい舞台メイクは負担です。目の周りのアイメイクは宝塚のようにまつ毛ピーン、前の周りのシャドウはアイラインでしっかり・・と描くと当然落ちにくくなります。

目の周りは特にやわらかい肌なので、落とした後も赤くなったり、かゆくなったり。

石鹸で簡単にオフできて、しかもきちんとラインがひけるならいいな~と思い、使ってみることにしました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 細いラインも太いラインも自由自在

majorica-hunter004

マジョリカマジョルカのラインハンターは見たところ、普通のリキッドアイライナーですが、細い面と太い面があります。

majolica-hunter1

写真でみるとサイズが違うので、わかりにくいかもしれませんが、ある方向からみると細い筆に、そこから90度角度を変えてみてみると平筆になっています。

majorica-hunter006

これによって極細ラインとインパクトラインどちらも1本で書けるようになっています。

なめらかな描き心地でバレエのピンピンまつげも描きやすい

しかし、問題は描きやすいかどうかですよね。去年の夏、発表会前、長女がバレエの猛特訓している間、私もメイクレッスンを受けて猛特訓していました。化粧が苦手な母には本当につらい。

しかも、アイライナーって本当に難しい。バレエメイクの上にきちんとのるか、うまくかけるか使ってみました。

majorica-hunter007

こちらがチャコットのステージファンデーション407 ハイビジョンテレビや映画、ステージ、ダンス、舞台などに使われているようです。

majorica-hunter008

ステージファンデーションの上にお粉をつけてみました。この上にラインをひいてみますよ。

majorica-hunter009

なんですかこれっと思われた方ごめんなさい。バレエメイクの目の上ってこんな感じ。いやもっと本番はうまくかくんですよ(←本当かな・・)

いや技術はどうであれ、石鹸で簡単に落ちるようなアイライナー、舞台メイクでもはじいちゃうんじゃないかしらと思ったのですが、どうということはなく、スムーズにかけました。

majorica-hunter010

チャコットで買ったアイライナーと比べても何も変わらないと思います。マジョリカマジョルカに変えても誰にもわからないかも。

箱をみると、“アイカラーの前にお使いいただくことをおすすめします”とかかれています。

それは困った・・・娘のバレエメイクはアイカラーの上から使うよ。ということで、アイカラーの上からもかいてみました。

majorica-hunter014

アイカラーの上でもかきやすいし、にじまない。いい感じです。

ただ、乳液やアイカラーが筆につくと次から描きにくくなるみたいです。その場合はティッシュペーパーなどで筆先を軽くふきとってからお使いくださいとのこと。

これは・・・バレエメイクに使えます。

せっけんで落ちるけど、汗や皮脂、涙には強い

majorica-hunter011

マジョリカマジョルカラインハンターはせっけんで簡単に落とせました。汗には強く長時間にじみにくいそうです。

バレエって見た目は美しいけど、本人たちは汗だくだから、これもうれしいポイントです。

目元をトリートメントする美容成分も入っているんだって。目の周りはとくにかさつきがちになるので、本当これ使おう!と思います♪

majorica-hunter015

次の発表会はママにまかせて!

マジョルカラインハンターを楽天で探す
敏感肌のバレエのための化粧下地にはこれがよかった

こどものバレエメイク下地に使える!エトヴォスのローズヒップオイル

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
トップへ戻る