脂性肌のためのさっぱりタイプのオールインワン『水の彩』

ノンオイルで脂性肌の人にもつかえるさっぱりタイプのオールインワン『水の彩』を使ってみました。

mizunoirodori002

オールインワンはこれ1つで時短でとっても楽だけど、オイリー肌には重すぎるってことがありました。なので、冬はいいけど、夏も使えるのってなかったのですが、これなら脂性肌の人が夏にも使えるなと思いました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ノンオイルで脂性肌の人におすすめ

mizunoirodori015

オールインワンというと一つの会社にこれ一つっていうことも多く、日本人の場合、乾燥肌の人の方が多いので、どうしても日本人にむけに作られた標準のものだと重い・・と感じてしまうのですが、この水の彩は肌タイプによって3つの種類があります。

水の彩はさっぱり(普通肌・脂性肌むけ)、水の彩Sはしっとり(乾燥肌や乾燥の季節むけ)、びわのせい望は薬用(トラブル肌むけ)です。

水の彩を使ってみましたが、ノンオイルとのこと。つけるとしっとり、さすがにつけた直後にファンデーションをつけると、よれそうですが、しばらくするとお肌さらさらになり、べたつかず、さっぱりしているので、夏でもつかいやすいです。

洗顔後のケアはこれひとつ

オールインワンのいいところはこれ一つってところ。水の彩は化粧水、乳液、美容液、保湿クリーム、マッサージゲルの5役をこれ一つでこなします。

洗顔後、化粧水だけだと、水分補給してもそこにフタをしないと水がとんでいってしまい、余計にお肌が乾燥してしまいます。

そんなときでもこれ一つぬれば、たっぷりの水分が角質層の隅々まで、浸透してお肌にハリと潤いを与えてくれます。

朝も夜もこれ一つ。とっても楽です。

使い方は、洗顔後に“水の彩”を手に取り、両ほほ、額、アゴに乗せ、薄く延ばします。

mizunoirodori018

使う量朝がパール2個ぐらいで、夜はさくらんぼ1つぐらいでほんの少量。

水の彩は50gのチューブだと1,600円とオールインワンにしても安い上、少量しかつかわないので、コスパもめちゃくちゃいいです。

天然うるおい配合成分でお肌にやさしい

このオールインワン、初めて知ったのは私が利用している安心、安全の食材宅配をしている生活クラブのカタログでした。

無農薬の野菜などを扱う安全基準が高い生協なのですが、コスメも安全なものを・・・ということで、水の彩が紹介されていて、全国の生活協同組合で長年愛されてきたロングセラー商品だそうです。

無香料、無着色、無鉱物油、石油系合成系面活性剤無添加

カワラヨモギエキス、水溶性コラーゲンや褐藻エキス、アロエベラ葉エキス、カンゾウ根イキス、オウゴンエキス、黒砂糖エキスなど天然のうるおい成分が入っているので、かさかさしやすい赤ちゃんのほっぺ、こどものアトピーなどに低刺激保湿クリームとして家族みんなで使えます。

中に入っている成分

水、BG、グリセリン、マルチト-ル、 1,2-ヘキサンジオール、オウゴンエキス、 リゾレシチン、水溶性コラーゲン、褐藻エキス、 カワラヨモギエキス、アロエベラ葉エキス、 黒砂糖エキス、ローズマリーエキス、 カンゾウ根エキス、グリチルリチン酸2K、 アラントイン、ビフィズス菌発酵エキス、海塩、 水酸化K、カルボマー、トコフェロール

こんな人におすすめ

  • 水の彩はこんな人におすすめ
  • エアコンで乾燥したお肌に
  • ひざ・ひじ・デコルテなどのボディケアに
  • パパにひげそり後に
  • あかちゃんのかさかさ肌に
  • オイリー肌のオールインワンとして
  • 夏用オールインワンとして

ノンオイルでさっぱりのオールインワンはオイリー肌には非常に使いやすく、ニキビができやすいお肌にも使えるオールインワンってめずらしいので、一度ためしてほしいです。

ただし、明らかに乾燥肌って人は、しっとりタイプの保湿ゲル「水の彩s」の方がいいかもしれません。

クチコミでも乾燥肌の人だと“うるおいが足りない”といっている人がいました。

mizunoirodori020

注文するとしっとりタイプの“水の彩s”のサンプルも入っていましたので、どちらの使用感も試すことができます。

購入はこちらから>>低刺激性保湿クリーム【水の彩】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
トップへ戻る