野菜生産メーカーがつくる「ミネラル」と「酵素」が入った敏感肌用ニキビ石鹸“アクアヴィソープ”

敏感肌で慢性的な大人ニキビに悩む人に効果的という自然派洗顔石鹸“アクアヴィソープ”を使ってみました。

aquaviP1030431

アクアヴィソープは野菜生産メーカーがつくる自然派洗顔石鹸。運営する会社は安全でおいしい野菜や岩塩を食卓に届けている会社です。
長年培った野菜作りと土作りの経験から「ミネラル」と「酵素」の働きに着目して作られた石鹸は、敏感肌でニキビが治りにくいお肌に、新鮮な野菜をからだに取り入れるかのように健康な肌を取り戻すための石鹸。

わたしがこの石鹸をつかってみようと思ったのは、敏感肌×ニキビ肌で効果的なのは、洗顔でも保湿でもなく、健康な肌を取り戻すことだと気付いたから。

いろんなコスメを使ってみましたが、敏感肌×ニキビで効果的だったのは、私の場合、アンチエイジングに効果的なコスメでした。

肌本来のターンオーバーを整えるとニキビも自然に治る。それを手助けするのがこの石鹸です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ミネラルと酵素は肌にも環境にもやさしい

aquaviP1030434

アクアヴィの主成分には豊富なミネラルと酵素がたっぷり入っています。ミネラルは健康を整えますが、排水などを浄化してくれる微生物をも元気にしてくれるので、アクアヴィで洗顔することで、排水をきれいにしてくれます。

私たちがアクアヴィで顔を洗うと、川や海の水もきれいになるんです。そんな環境にもやさしい石鹸はお肌にもやさしい石鹸です。

アクアヴィソープのステップ3

aquaviP1030440

ステップ1:毛穴を洗浄

ステップ2:肌荒れを防ぐ

ステップ3:ターンオーバーをたすける

酵素とミネラルは余分な皮脂やメイクの汚れ、毛穴の奥の汚れをしっかり取り除いてくれます。そして、20種類以上のミネラルが肌荒れを防ぎ、最後に酵素とミネラルが肌トラブルに負けない肌へと導いてくれる

そんな流れになっています。

今まで私がやってきたニキビケアは、洗顔と保湿。

ニキビの原因は毛穴のつまり、しっかり汚れを取り除くことだ・・と洗浄力の高いニキビ洗顔料をつかったこともありました。

洗浄力の強い洗顔料には、界面活性剤が入っていることが多いです。界面活性剤は余分な皮脂を取り除くだけでなく、肌のバリア機能までも奪ってしまう可能性があります。

使うとすぐにニキビが治ることがありますが、使い続けるとよけいに肌荒れをおこし、またニキビができるという慢性化につながります。

また、ニキビの原因は乾燥だといわれることも多いです。皮膚科の先生は、化粧水だけで十分だというのに、化粧品メーカーに相談すると、油分がたりないから、水分が飛んで行ってしまうのだ・・といわれたり。

その通りに、乳液やクリームなどをつけると、その油で毛穴をつまらせてニキビができます。

洗顔も保湿も大切だけれど、自分の肌が元気がない状態で洗顔しすぎると余計に肌に負担をかけて、元気のないところに保湿してもなかなか浸透しません。

アクアヴィの石鹸は、不要な汚れは落とし、酵素やミネラルで自分自身の本来の治癒力を高めます。

中に入っているミネラルカクテルは漢方でいう“薬石”。漢方というのは、じっくりと時間をかけて根本から治すもの。アクアヴィの石鹸もすぐには効果を発揮しませんが、時間をかけて肌サイクルを整えていきます。

野菜と同様、「自然で安心」

aquaviP1030432

アクアヴィの中に入っている全成分

石鹸素地・パルミチン酸・グリセリン・ラウリン酸・プロテアーゼ・シリカ・アルミナ・酸化鉄・水・トコフェロール・エチドロン酸

アクアヴィには、お肌に負担をかけずクリアな状態に整える「植物性複合酵素」、お肌をさらに健やかに育てるための養分となるヤシ油、納豆菌やローズソルトといった「自然由来の有効成分」がたっぷりと含まれています。

野菜と同様、「自然で安心」を第一に考え、肌に負担になるもの(旧表示指定成分 / 石油系界面活性剤 / 香料 / 着色料 / 鉱物油)は無添加。

小学生にも使えるやさしいにきび洗顔です。

泡立てるとまるでホイップクリームのようなきめ細かい泡で使い心地が気持ちいい。

ただ、洗い上がりがパリっとかなり乾燥するので、オイリー肌の人にはいいかなと思いますが、アトピーの人にはかなり保湿を多めにしたほうがいいかも。

まだ使って2日目ですが、じっくり使ってまた報告したいと思います。⇒2週間使ってみた感想はこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る