薄くなったまゆげやまつげに チェルラーまつ毛美容液

卵殻膜でおなじみのアルマードの新しくなった まつ毛美容液 チェルラー 透明ケア・アイアイEXを使ってみました。

matsugebiyoueki-cellula19

国産筆で塗りやすくこだわりの美容液です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

卵殻膜・ケラチン入りまつげ美容液

matsugebiyoueki-cellula6

卵殻膜は、たまごの殻の内側にあるうすい膜のことです。この膜には、産み落とされた卵が親鳥からえさをもらわなくても生命をはぐくむことができる不思議な力があり、昔ながらの知恵で、卵殻膜を傷口にはると傷が治りやすいといわれています。

卵殻膜の主成分はたんぱく質ですが、18種類のアミノ酸、コラーゲン、ヒアルロン酸を含んでいます。

アミノ酸は人の髪の毛や肌にも近い成分で、その中でもシスチンは人の肌の5倍以上も入っています。

シスチンは髪の毛をつくるのにかかせない成分。

卵殻膜の他まつげ美容液にはケラチンも豊富です。ケラチンは約99%を占める髪の毛の主成分です。

これらの成分でしっかりまつげをケアします。

まつ毛のハリ・コシ・弾力・保湿・保護

matsugebiyoueki-cellula2

その他入ってる成分は、

オタネニンジン根エキス・・・ハリ・コシ・弾力

グリチルリチン酸・・・保護・柔軟化

ポリグルタミン酸・・・弾力

ユズセラミド・・・保湿・保護

さらに

センブリエキス・・・保湿

ビオチノイルトリペプチド-1・・・ツヤ・コシ・ハリ

パンテノール・・・ハリ・コシ

の3つの成分が新たに付け加わりました。

国産筆で塗りやすい

matsugebiyoueki-cellula8

まつげ美容液は、マスカラのブラシのような形状のものが多いですが、アルマードのチェルラーまつ毛美容液は、マニュキュアのような筆タイプ

国産筆でこだわりがあり、先がとんがっているので細かいところ。たとえば、まつ毛の生え際の隙間とかにも塗りやすい。

matsugebiyoueki-cellula10

細すぎてぬりにくいかなともおもったのですが、広く使いたいところは横にして、細いところには毛先でちょんちょんとなかなか使いやすい筆です。

中にはいっている美容液もほどよくとろみがあり、目の中に流れて入っていきにくく、その場にとどまってくれるのもいいポイント。

つかってみた感想クチコミ

matsugebiyoueki-cellula25

まつ毛美容液をつかってみましたが、これを塗るだけで、まつ毛にハリができて、まつ毛も長く増えてきたよう。目元の印象が変わってきた気がします。

また、マスカラを塗る前に下地にしてぬるとさらにハリコシが強くなり、きれいに仕上がります。

普段からぬっておくとちょっとずつまつ毛が元気に。

まつ毛の根元や薄くなった眉毛にもぬれるので、まつ毛、眉毛が物足りなくてケアをしたい人にはぜひ。

目元のケアって大事ですね。ちょっとしたことでずいぶん印象がかわります。

アルマードでは、美容液入りのマスカラもありますが、色はいらないという人はこちらがおすすめ。

購入はこちらから>>チェルラー 透明ケア・アイアイEX

【アルマード卵殻膜関連記事】

敏感肌のバレエメイク落としにチェルラークレンジングジェル

卵殻膜のチカラでお肌と体に元気を取り戻すⅢ型ビューティドリンク

敏感肌のニキビ対策に卵殻膜コスメをつかってみませんか?

疲れ気味な人におすすめ体の中から美をサポート卵殻膜

腸からキレイに おいしい腸内フローラ卵殻膜 美菜

薄くまったまゆげやまつげに チェルラーまつ毛美容液

お湯で落ちるマスカラ こどもバレエメイクにも

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る