ノーパンだからよく眠れる?!衝撃の快眠パジャマボトム

フェリシモさんのイベントで面白いものを見せてもらったので紹介します。

その名も“下着をはかない睡眠新習慣 脱パンツパジャマ<ボトム>の会”。パンツをはかずノーパンで眠るという話はきいたことがあったけれど、これなら実行できそう!

夜、よく眠れない人必見のパジャマです。

快眠のためには締め付けないのがいいそうです。

夜、よく眠れていますか?

以前、精神科の先生に聞いたのですが、“寝ないのがからだに一番よくない、食べないより悪い”のだそうです。

成長ホルモンや、女性ホルモンは寝ている間に分泌され、新陳代謝や肌を再生し、疲れを回復させます。アトピーやニキビ肌の人はもちろん、敏感肌、その他ちょっと体調悪いわ~という人には睡眠はとっても大事。

ぐっすり、ふんわり眠ることができたら、からだの調子も整うと思うんですよね。

フェリシモ調べのアンケートによると、眠れないのは、心配ごとがある、姿勢がさだまらない、枕がしっくりこない、物音が気になる、暑い、寒いなどの環境のせいなどさまざまな理由があるなか、からだはつかれているのに目がさえるという人がダントツ多いそうです。

からだは疲れているのに目がさえてねつきが悪いという人は、眠りの準備がととのっていないのかも。

眠りやすい、快眠のためにリラックスできるようなパジャマを・・と考えられたのが、脱パンツパジャマです。芸能人でも“寝るときはのパンツをはかない、ノーパンです”と言っている人、結構いますよね。

快眠には、からだもこころも解放することが、大切みたい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

快眠パンツはこうなっている

早速、快眠パンツをみせてもらいました。

kaimin5

前からみたところ

kaimin7

後ろからみたところ

結構衝撃的事実?!・・・何これ?おむつ?こちら、インナー内蔵のパジャマとなっています。上の写真はパジャマをひっくり返した裏側の状態。

見た目は普通のパジャマだけれど

kaimin1

中はこんな風になってる。

パンツには足のつけねとウエストにゴムがはいっているので、どうしてもからだを締め付けてしまいます。たいしたことがなさそうだけど、意外と負担になっている場合もあるんだって。

眠っている間、ちょっとでもリラックスできるように解放できるようになっています。

kaimin2

一見、普通のパジャマのズボンなので、外からはわからず、かわいいダブルガーゼの綿100%インナーは天竺素材です。

パジャマ自体のウエストもゴム緩めで調節ヒモつきになっています。

みせてもらった薄紫のラベンダー色がかわいかった~。

夜寝るときには、ノーパンで寝るという人も、パンツをはいてなければ、スースーし、起きている間が寒いってこともありますが、これならおなかを冷えからも守ります。

kaimin6

インナー内蔵部分は、前後のホックで簡単に取り外しできて、お洗濯でき、インナーは洗い替えに2枚ついていますよ。

フェリシモ~の会とは?

下着をはかない睡眠新習慣 脱パンツパジャマ<ボトム>の会はフェリシモの商品です。フェリシモの~の会といわれる、フェリシモコレクションは、毎月1回、色違いのものが届くというシステム。

こちらのパジャマパンツもドリーミーブルー(きみどり)、ミルクティ(きいろ)、ラベンダー(うすむらさき)、ナイトブルー(みずいろ)と4色ありますが、どの色が届くかはお楽しみ。

自分で選ぶことはできません。

申込みのときに、M,L,LLとサイズだけ選ぶとローテーションで、毎月1本ずつ届けてくれます。2巡目以降は届け順序が変わる場合があります。

1つしかいらないってときには、最初の1つが届いたとき、7日から10日以内(方法によりことなります)次号の注文をキャンセル・削除すれば、1つだけ購入することもできますよ。

フェリシモでしか売ってないオリジナル快眠パンツです。

購入はこちらから

フェリシモ「コレクション」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る