くすみを追い出すオーガニックの美白ケア HANAオーガニック ムーンナイトミルク

眠っている間に肌の力を高め、透明感を生み出す天然100%、濃縮ローズエッセンス配合乳液。

hana-moon3

1本に花びら1000枚分のオーガニックローズエッセンスを凝縮した美容液兼用の乳液。

睡眠中の肌の力を高めるローズに女性ホルモンに働きかけるイランイラン、クラリセージ、活性作用の高いローズマリー、月見草などのパワフルなオーガニック植物配合で透明感あふれる弾力のある肌に導きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

オーガニックコスメの美白ケアならムーンナイトミルク

hana-moon8

ハナオーガニックのムーンナイトミルクは、天然100%でオーガニック比率96.4%

ムーンナイトミルク1本の中にバラの花びらが1000枚分も濃縮配合したローズエキスがはいった美容液です。

お肌がやわらかくなるというのはもちろんオーガニックに美白ケアができるってところがムーンナイトミルクのいいところ。

一般のケミカルな美白化粧品には、ビタミンC誘導体とか、アルブチンとか、エラグ酸などの化学成分が配合されています。それらはメラニン色素を分解したり、メラニン色素自体の規制を抑える働きがありますがピンポイントで効果をおよぼす対処療法。

そのシミを抑えることができてもまた別のところにできてしまったり、敏感肌の人には刺激がつよすぎたりってこともあります。

ムーンナイトミルクは、肌の再生力を高める天然のオーガニック濃縮ローズエキスで、メラニン色素を押し出す力を高めてくれます

結果、漢方的、根本療法として、シミやくすみを追い出せる強いお肌になり、そして、このあともお肌の一番下の細胞を元気にして、シミやくすみができないお肌に育てます。

実際に、私のお肌ですが、ニキビができやすいゾーンは脂っぽく自分の脂がサンオイル状態になって焼けやすく、目の周りだけは乾燥肌なので、オイル塗ってない状態で、すっぴんだと逆パンダ状態になっているお恥ずかしい限りのお肌ですが、しばらく続けるうちに、その境目が徐々にめだたなくなってきているというのが実感できています。

私は肌がべたつく=潤っていると勘違いして、乳液は使わず、化粧水のみをつかっていたのですが、それはやっぱりまちがい。化粧水だけだと、お肌内部の潤いが奪われ、乾燥します。乾燥するとお肌が、潤おうと思ってみずから皮脂をだすので、よりべたつきやすくなってしまいます。

皮脂がつまるとニキビができ・・となり、悪循環。

ムーンナイトミルクは、乳液の中でもさっぱりとしているので、ニキビができがちなオイリー肌にもつかいやすい乳液です。とろっとしているけど、肌の奥に浸透し、皮脂バランスをたもってくれます。

重いな・・と思われるかたは量を減らす、冷蔵庫で冷やすなどして使い方を工夫するといいと思います。

美白といってももともとの地肌の色より白くすることはできないわけですが、自分の二の腕の内側の皮膚って白くないですか?そのお肌の色までは目指せるってことですよね。

まだ、そこまでは白くなったという実感はありませんが、私の場合は、そのサンオイル被害とニキビ跡による赤身がめだつお肌だったのが、赤身もひいてお肌に透明感がでてきたように感じています。

副交感神経のスイッチを押してくれるローズの力

hanaorganics018

わたしたちの体内のシステムは、自律神経と副交感神経に分かれ、バランスをとりながらカラダをつくっています。

自律神経は、昼間にはたらき、エネルギーを生み出して活動をささえていますが、夜になると副交感神経に切り替わり、お昼間に受けた、紫外線などのダメージを修復し、新しく生まれ変わるターンオーバー力を目覚めさせます。

30代、40代になって、おきてさめてもお肌がつかれてる~と感じている人は、その切り替えがうまくできていないのかも。

その副交感神経のスイッチをきちんと押してくれるのは、hanaオーガニックに入っているローズの力。

hanaorganics011

再生力にとって欠かせない副交感神経に切り替えて、日中のダメージやストレスから解放されて、深いねむりにつくことが大切です。

深い眠りにつくことで、細胞のすみずみにまで血液がいきわたって修復が行われ、本来の力をとりもどします。

30代、40代の大人の女性で、肌トラブルが起きるという人は、仕事や育児の忙しさで、生命のリズムが崩れ勝ちで自立神経のスイッチがしっかりと押されていなかったり、ダメージの修復がおいつかなかったりなのかも。

植物の力でこころもからだも息を吹き返す“ムーンナイトミルク”はそのお手伝いをしてくれますよ。

ムーンナイトミルクの中には、ローズ以外にもしっかりとしたエビデンスに基づく天然ん高機能成分が入っています。

中に入っている成分

ダマスクバラ花水、プロパンジオール、水、α-グルカンオリゴサッカリド、ツバキ油、ヒマワリ種子油(カプリル酸/カプリン酸)、ヤシアルキル、(c14-22)アルコール、ハチミツエキス、ビルベリー葉エキス、カニナバラ果実エキス、シャクヤク根エキス、加水分解オクラ種子エキス、トウキンセンカ花エキス、ローズマリーエイス、加水分解ハトムギ父子、キュウリ果実エキス、月見草油、米胚芽油、大豆油、乳酸桿菌/ダイコン根発酵液、サリュクスニグラ樹皮エキス、オニサルビア油、ニオイテンジクアオイ油、ビターオレンジ花油、イランイラン花油、ラベンダー油、ビターオレンジ葉/枝油、オレンジ果皮油、アルキル(c12-20)グルコシド(小麦)、キサンタンガム、トコフェロール、デキストリン、ステアリン酸ポリグリセリル-2、ステアリン酸グリセリル、ステアリルアルコール、エタノール、BG

ビルベリーエキス・・・炎症をしずめ、コラーゲンを切断する繊維、コラゲナーゼの働きをおさえてシワを抑制

オールインワンとしても使えるムーンライトミルク

hana-moon12

HANAオーガニックつかってみたいけれど、ちょっと高いな・・手が出ないなという人は、最近はトライアルがでたので、トライアルをおすすめしますが、その後どれが1品続けたいという場合には、このムーンナイトミルクをおすすめします。

使い方は、まず、洗顔後にフローラルドロップを7~8プッシュ、顔に吹きかけて手でなじませます。

次にムーンナイトミルクを、2~3プッシュ手に取り、顔全体にこすらずに手のひらでゆっくりと押し込むように馴染ませます。

最後に、両手で顔全体を覆い、目を閉じ鼻と口から深く息を吸い込みます。

ですが、

HANAオーガニックの社員の方とお話を聞く機会があったのですが、男性の社員の方で、朝、洗顔したあとはムーンライトミルクだけをつけ、髭剃りのあともムーンライトミルクを使っているとのことでした。

素肌に直接塗ってもけっこういいんですよ。

hana-moon14

ムーンライトミルクはとろっとした乳液ですが、肌あたりがよく、とろっとしているのにお肌にぐぐっと入っていきます。

化粧水を付けた方がより、お肌に浸透しやすくはなりますが、これ1つでオールインワンとしてつかってもお肌がやわらかくなっていい感じで使うことができました。

香りは、香水のような人工的な香りではなく、本物のお花のような、バラ園にいったときのような香り

クラリエージ、イランイラン、ラベンダー、ネロリ、ゼラニウムなどエイジングケアのための精油もはいっていて、フローラルドロップ(化粧水)とはまたちがう香りがします。

これを使うだけで、忙しい毎日でもスキンケアするのが楽しくなる、実感できるので続けられるスキンケアです。

HANAオーガニックの入門として、まずはムーンライトミルクをつかってみてくださいね。

HANAオーガニックをラインでお試しできるトライアルがおすすめ>>HANAオーガニックトライアルセット

ムーンライトミルクだけをつかってみたいという人はこちらから>>ムーンナイトミルク【HANAオーガニック】

【関連記事】
肌全体のくすみを輩出 HANAオーガニックホワイトジェリー

ニキビ跡もオーガニックコスメでケア ホワイトクリーム

うるおい残す天然100%のせっけんピュアリキューブ

脂漏性湿疹の色ムラ補整にウェアルーUV【HANAオーガニック】

HANAオーガニックからトライアルセットが登場♪

常在菌を育てるクレイ洗顔 HANA御ガニックのピュアリクレイ

バラの香りでお肌をいやす化粧水 HANAオーガニックフローラルドロップ

くすみを追い出すオーガニックの美白ケア HANAオーガニックムーンナイトミルク

皮膜感がないオーガニックの日焼け止め ウェアルーUV

お肌にやさしい日焼け止め対決 HANA(ウェアルーUV) VS ETVOS(ミネラルCCクリーム)
HANAオーガニックのトライアルセット先着3000名に美白のホワイトジェリーがついてくる

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る