つらい月経痛を薬に頼らずハーブでサポート“ハーブらぴ”

生理痛がひどいけれど、薬を飲むのはいやだから我慢しているという女性、多いと思います。

herbrapi2

そんな人にハーブのちからで、生理痛を和らげ、サポートしてくれるというサプリ、“ハーブらぴ”をイベントで見せていただきましたので、紹介させていただきますね。

※この商品は、現在販売終了となっております。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

月経痛を薬に頼らずハーブでサポート

herbrapi003

生理痛にお悩みの人は多いと思うのですが、その原因の一つは血行が悪くなること。

私も月経でおなかがいたくなるってことは少ないのですが、頭痛や肩こり、腰痛がひどくなります。血行が悪くなるので、普段から腰痛がある人はさらに血の巡り悪くなり痛くなるそうです。

なので、生理痛がつらい人は、まず、からだをあたためることが大事です。

また、私は、胃が痛くなったり、なぜか耳がいたくなったり、寝ている間に汗をびっしょりかいたり、トイレに何度も行きたくなったり、便秘になったり・・ととにかくひどいんです。

同じような症状に悩む女性は本当に多くて、友達としゃべっていてもみんな何かしら悩んでいます。

病院へいっても、年齢的にホルモンバランスがくずれているのかもと漢方をだしてもらったこともあるのですが、のんでいるうちにしんどい日にちがすぎていき、漢方でなおったのか、日にち薬で治ったのかよくわからない・・。

本当に頭痛や腰痛で苦しいときには、接骨院にいってもんでもらったり、鎮痛剤を飲むようにしています。

親戚の医者にきいたところ、鎮痛剤はなるべく飲まないほうがよいので、なるべく水分を多くとって(血がさらさらになるように)寝てろ!といわれたのですが、主婦業、ママ業をやっているとそうもいかないことが多いですよね。

ハーブラピはハーブでできたサプリメントで、新陳代謝を活発にする働きのある生姜を取ることで、体の中の血流がよくなり、腹痛・冷え性・生理痛などの緩和につながります。

herbrapi004

ハーブらぴの中身は、代謝促進を活発にするしょうがが半分。6種類のハーブがバランスよくはいったサプリメントです。

中に入っているハーブがこちら

ジンジャー・・発汗、抗菌、代謝促進、消化機能促進

ホワイトウィロー・・・頭痛、歯痛、耳の痛み、鎮痛、解毒、抗炎症作用

ローズヒップ・・・疲労回復、抗酸化、収れん、抗アレルギー、利尿

バレリアン・・・鎮静、鎮痛、疲労回復、肩こり、胃痛、生理痛

カモミール・・・ストレス性胃炎、生理痛、鎮静、鎮痛、消炎、発汗、更年期障害、高血圧症

パッションフラワー・・・高血圧、不眠、頭痛、鎮静、精神安定作用、血圧降下、筋弛緩作用

それに加えて、血流促進作用、抗血栓作用、ホルモンバランス調整作用のあるビタミンE、そして、活性酸素の生成を抑制するβカロテンが入っています。

私がかんじている悩みを解決してくれそうなものがほとんど入っているので、ぜひぜひためしてみたいと思いました。

こんな人におすすめ

生理痛はひどいけれど、薬はのみたくない罪悪感を感じながら鎮痛剤を飲んでいる

生理痛がある小学生・中学生

冷え性の人

代謝アップしたい

ハーブらぴの飲み方

herbrapi002

ハーブらぴは、痛みが出そう!と感じたら2粒から5粒飲みます。

できるだけ、食後は1時間ぐらいあけ、他のお薬と併用する場合は1時間半ほど時間をあけて飲みます。

薬ではないので、小学生や中学生のこどもでも試すことができます。

粒の量は体重によります。体重10キロに対して1粒。40キロの人なら4粒です。慢性的な痛みの方は普段から1日に2~3粒飲むことをおすすめしますが、痛みが来る日が決まっているので頓服のように使いたいって人はそれ+1粒飲むといいそうです。

また薬ではないので、誰もが症状を緩和できるわけではなく、人によるそうなのですが、飲み続けているうちに体質改善につながり、のまなくてもよくなったという方もおられます。

月経痛対策だけでなく、冷え性でからだをあたためたいって人にもよさげですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る