骨密度が気になる人がやるべきこと

40代をすぎると骨密度が低くなる・・という話をきいたことがないでしょうか?

mbp3

新陳代謝が活発な10代には骨はたくさんつくられますが、年齢を重ねて30代になると骨量は最大に、40代になるとだんだん減少してきます。

特に女性は、閉経とともに骨密度が下がってくるので、維持するってことが大事なんですね。

実は私、20歳のころから人間ドックで骨密度が70代といわれて、ずっと気になっていました。最近受けた人間ドックでどうすればいいかを聞いてきました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

骨密度が低い原因

年齢とともに下がってくるのではなく、私のように若いころから骨密度が低い人は何か理由があるかも。

考えられる原因はこちらです

  • 痩せている
  • 遺伝で骨密度が低い家系
  • ステロイドを吸入していた

私の母は年齢に対して、骨密度が高いといわれてるそうなので、遺伝ではなさそうですが、やせ気味で、小さい頃、ひどいぜんそくだったためにしょっちゅう吸入していました。

もしかしたら、それが原因なのかも

骨密度が低い人向けの治療

もう何年も骨密度が低いといわれているのですが、食べ物に気を付けても、毎年ドックで経過観察といわれるばかりで、よくなるわけでもなく、テレビで、、骨密度が低い人向けの治療があるときいたのですが、どんな病院にいったらいいですか?ときいてみました。

すると、“よく骨折するってことはありますか?”ときかれたのですが、骨折したことはありません。

たしかに今、骨粗しょう症を予防するための薬が開発されているのですが、治療をするレベルというのは、高齢の方や骨折を繰り返す人のみで、まだ若い人で、とくに症状がでていない人には薬はだされないことの方が多いとのこと。

行くなら整形外科ですが、治療レベルに達してない人は、

日光を浴びる

かかとに負荷をかけるため、軽くジョギングする

がいいそうです。

ジョギングを続けるコツ

お年寄りの方がよくウォーキングしている姿をみかけますが、骨粗しょう症対策としては、ウォーキングよりもかかとに衝撃をあたえるという意味では、軽くジョギングがいいそうです。

一日30分~1時間程度の軽いジョギング。私もやっていますが、なかなかこれまで続きませんでした。続けるコツはマラソンレースに応募することです。

と、とあるブログで読んだのですが、これ本当です。10キロのマラソン大会に応募してみたところ、もしかしたら10キロも走れないかもしれない・・途中で歩いたら時間切れになるかもしれないと毎日とはいきませんが、2~3日に一回は必ず練習するようになりました。

本番という目標があるのでがんばれます。ジョギングが続かないひとはぜひ応募してみてください。

骨密度をあげるサプリメントドリンク“毎日骨ケアMBP”

mbp1

これは、お医者さんに聞いた話ではないのですが、最近イベントでみつけた骨密度が気になる人のためのドリンク。

雪印メグミルクの毎日骨ケアMBPは、1日1本6か月飲み続けると骨密度が平均3%アップしたと科学的にも証明され、トクホを取得した清涼飲料水タイプのドリンクです。

これまで、骨量をあげるにはカルシウムがよいとされていましたが、牛乳や母乳に含まれる微量のタンパク質(雪印メグミルクがMBPと命名)が有効だと解明されました。

このドリンクには、そのMBPが入っています。牛乳がきらいな人でも飲みやすいブルーベリー味で、

mbp2

1本50mlで牛乳200ml×4本分のタンパク質をとることができます。

もちろん、運動も必要ですが、これを飲みながらだとより骨密度維持に効果がありそうですね

購入はこちらから>>雪印メグミルクダイレクトオンラインショップ
icon

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る