赤味をおさえる 敏感肌でも使えるラロッシュポゼのBBクリーム

わたしが去年から使っている、敏感肌でも使えるラロッシュポゼのBBクリーム。

laropo-bb007

毛穴や肌の赤みをおさえてきれいに見せながら、べたつかず、うるおいが続き・・・めっちゃ使えます。

カバー力があるBBクリームならラロッシュポゼのUVイデアXL BBですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

敏感肌のためのスキンケア

ラ ロッシュ ポゼは、私が通う、皮膚科にも置いてある皮膚科医が採用するスキンケア。

敏感肌のためのブランドとして、敏感な肌でのテスト(特にアジア人での)をはじめとした臨床試験を行って、敏感肌の人が快適に日常を過ごせるようにサポートして、生活のあげれるように・・と願いがこめられたブランドで、私のような肌のよわい人にはとってもありがたいブランド。

こちらのUVイデア XLも無香料、パラベンフリー、ノンコメドジェニックテスト済み、アレルギーテスト済み、皮膚科学的テスト済みの商品になっています。

BBクリームは、クレンジングを使わなくても洗顔料だけで落とせます

BBクリーム 色は2種類

BBクリームの使い方ですが、スキンケアの後に使います。

これ1つで、化粧下地、ファンデーション、日焼け止め、美容液までまかなえる時短にもなるコスメ。

ラロッシュポゼのBBクリームには色が2種類あります。

laropo-bb003

01 ライト・・・色白で明るいピンク系のお肌に

02 ナチュラル・・黄色系の健康的なお肌に

laropo-bb005

色白でも色黒でもない私の手に付けてみました。

laropo-bb006

さらに伸ばすとこうなって、実はのばすとそんなに変わらない(笑)。

ただ、私、顔と手の色がかなり違って、顔は色黒なんですね。

顔に着けるとライトだとやや白浮きするので、普段はナチュラルを使っています。

両方持って、ナチュラルを陰影に使うというやり方も。

ラロッシュポゼのBBはカバー力がある

BBクリームの語源はBlemish(欠点・傷) Balm(軟膏)という意味で、傷痕保護用クリームの意味があるそうです。

ラロッシュポゼでは、この語源に基づいて製品がつくられているので、自分が気になるところをしっかりカバーしながら、S紫外線カット+うるおってくれるようなはたらきがあります。

紫外線対策としては SPF50 PA++++なので、十分。

raro1

わたしが気になるのは、毛穴とにきび跡の赤みですが、とくに02 ナチュラルの方は、気になる赤みをカバーしてくれて、お肌をきれいにみせてくれます。

シンシアガーデンで買ったママバターBBクリームと比べるとうるおいはママバター、カバー力はラロッシュポゼの方が上になります。

肌が弱い人やニキビができやすいひとは、できるだけ日常もお化粧などはしないほうがいいとは思うのですが、それでもでかけるときに、自分の肌のあかみやニキビ跡などは気になるものですよね。

そんな時、これを使うと、きれいにカバーしてくれるので、気持ちが晴れて、気持ちよく過ごせます。

敏感肌用ですが、毎日使うというよりも、ここぞという日のカバーに使うのにおすすめです。

普段は油分がはいってないミネラルファンデーションだけの方がいいと思います。

ラロッシュポゼのBBクリーム 購入はこちらから

>>UVイデア XL プロテクションBB
icon

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る