脂分をとりのぞく、オイリー肌にも使えるSimSimセサミビューティオイル

100%天然ピュアオイルで、無添加のSimSimセサミビューティオイルを使ってみました。

beautyoil002

セサミオイルの有効成分で、悪い脂分を取り除く作用があるので、オイリー肌の人やかるいニキビなら、症状が軽減することがあるそうですよ~。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

化学薬品を使ってないから安心

beautyoil001

こちらゴマから抽出したセサミオイルですが、シムシムジャパンのセサミオイルは、抽出方法がちがいます。

市販のゴマ油は、薬品を使って抽出するので、あっというまに大量のオイルが抽出できるのですが、シムシムジャパンのセサミオイルは、薬をつかわない圧搾法でゴマをギュッと押しつぶしてオイルをしぼりだします。

なので、一度に少ししか抽出できない希少なオイル。

使用しているゴマは残留農薬検査はもちろん原料は上質なものを厳選されて、抽出方法、原料にもこだわりがあり、お肌の弱い人にも使いやすいオイルです。

シムシムジャパンのセサミオイルは、薬品を使わない圧搾法で絞った太白ごま油をキュアリングしたものです。

ちなみにキュアリングとは、加熱処理のことで、加熱処理をすることにより、セサモールという抗酸化物質の含有率が増え、皮膚に浸透しやすくさらさらした油になります。

また、加熱することで、ゴマ油特有のニオイがなくなります。セサミビューティーオイルは、ラベンダーとゼラニウムのリラックスできる香りです。

抗酸化作用でエイジングケア

beautyoil018

ゴマ油は、食品としてもつかっても胃もたれなどをおこしにくい油です。それは、酸化しにくい抗酸化作用があるから。

よく天ぷらで胃もたれがするのは、揚げた衣が酸化しちゃうからです。でもゴマ油で天ぷらをすると酸化しにくいため、胃もたれしません。そんな抗酸化作用があるゴマの油を、顔につかうと顔も酸化しない、サビないのでエイジングケアができますよ。

オイリー肌にも使えるオイル

beautyoil008

このオイル、使い方としては、入浴後、または洗顔後まず1番にぬります

ふつうは化粧水→オイルですよね。ところがシムシムジャパンのセサミビューティーオイルは、まずオイル、そして化粧水の順番です。

オイルからつけると水が浸透しないんじゃないの?と思いますが、乾燥であれたお肌に水分をいれるよりも、オイルできちんと整えた角質層に水分を入れるほうがよく浸透します。

最初にオイルをぬるということに、オイリー肌のわたしはかなり抵抗があったのですが、シムシムジャパンの社員さんによると、オイリー肌の人の表面にでている脂分というのは、悪い油であることが多く、セサミオイルの有効成分には、悪い脂分を取り除く効果もあるので、軽いニキビやオイリー肌の人は皮脂バランスをととのえ、肌の状態が軽減する可能性もあるとのことです。

ただし、セサミオイルは、血行をよくする効果もあるので、ニキビが炎症をおこしているという場合は悪化させる可能性もあるので、肌トラブルがあるという人は、無理につかわず、皮膚科に行ってみてもらってくださいね。

半信半疑ながら、毎朝、毎晩このオイルをつかってみたら、オイルはさらっとしているので、皮膚一番につけても気持ちいいですし、使いつづけることで、皮脂バランスは整ってきたような感じがします。

ただ、朝オイルをつけて、その後、すぐにファンデーションをつけたいという場合には、よれてしまいます。その場合は、夜だけ・・などにつかっていますが、かなりお肌がふっくらしていていい感じです。

皮脂バランスを整えるなかなかよりオイルでした。コスパもいいですよ。

購入はこちらから>>セサミビューティーオイル【シムシムジャパン】

【シムシムジャパン関連記事】

気になる1本の白髪にヘナで染める シムカラー

頭皮のべたつきをすっきり♪シムシムジャパンのセサミヘッドマッサージオイル

最高の香りとさらさら感 シムシムジャパンのセサミハンガリアンシリーズ

頭皮のべたつき、抜け毛が気になる人に爽快感のあるシムシムセサミシャンプー

オイリー肌に使えるさらさらオイルシムシムジャパンのセサミビューティーオイル

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る