オイリー肌が使う2016オーガニック・ナチュラル系日焼け止め比較

オーガニック系、ナチュラル系の日焼け止めをいろいろつかってみています。

uvhikaku7

ファンデーション、下地、CCクリームなどいろんな名前がついていますが、どれもオイリー肌のわたしが下地としてつかっていてどうかというところを、それぞれの長所、短所を比較して、どれがよかったか、こどもも一緒に使える日焼け止めとしてはどれがよかったかなどを紹介します。

比較してみたのは

の5つ、(※リンクをクリックするとそれぞれのレビュー記事へと移動します。)

ざっとそれぞれの特徴をあげると

ヘブンヴェール

  • 無色透明
  • デコボコ補整
  • さらさら持続
  • SPF45PA++++

ミネラルCCクリーム

  • 濃厚
  • 赤身カバー
  • SPF32 PA+++

チェルラーモイストファンデーション

  • 皮脂で透明感を上げる
  • カバー力が高い
  • SPF50PA++++

UVホワイトプロ

  • ボディにつけても白浮きしない
  • 保湿力
  • 肌呼吸しやすい皮膜感がない
  • SPF24PA++

UVヴェール

  • シークワーサーでビタミンたっぷりニキビ予防
  • 白くなる
  • ウォータープルーフ
  • SPF50+PA++++
スポンサーリンク
スポンサーリンク

色の比較

uvhikaku1

一番色がないのが、キャメロンガブリエルのヘヴンヴェール。クリームそのものはうすいクリーム色ですが、伸ばすと同時に透明になり、ボディにも使いやすい。

みずみずしい伸び具合で、こどもにもむらなくのばせてるのもいい。

もう一つ、ネオナチュラル UVホワイトプロ
。こちらもクリーム自体は、白いけど、伸ばすと無色透明になり、こどもたちが顔やボディに使うには、この2つが使いやすいです。

これら2つは、ボディにはいいのですが、顔に下地として使う場合には、カバー力がものたりないものの、上にパウダーファンデーション(エトヴォスのタイムレスミネラルファンデーションがいい)と合わせて使うなら、カバー力はファンデーションにまかせて日焼け止めのことだけを考えて使えます。

写真をみるとゆるさ加減も違うことがわかります。ルハクは傾けただけでながれるようなゆるさ加減。のびがいいです。

カバー力

私の肌は、オイリー肌で、夏になると自分の皮脂でも日焼けしやすく、赤みがめだちます。また毛穴は冬よりも暑いときのほうが開くので、めだって、よりカバー力があったほうがうれしいなと思っています。

uvhikaku6

赤みをカバー、という点ではエトヴォスのミネラルCCクリームとチェルラーモイストファンデーション【アルマード】がよかったです。

よりきれいにカバーしてくれのはアルマードのチェルラーで、チェルラーのすごいところは、皮脂を味方にして、皮脂で透明感をあげること。

なので、だんだんてかってくるのがいやなオイリー肌ですが、皮脂がでてくると透明感があがり、お肌を明るくみせてくれるのがうれしいところ。

ミネラルCCクリームでも十分ですが、よりきれいに、もっとカバーしてほしいという人で予算に余裕のある人は、チェルラーモイストファンデーションがおすすめです。

ウォータープルーフで夏のレジャーに

オーガニックの日焼け止めでウォータープルーフってなかなかなかったのですが、よりしっかり水をはじくのはルハクのシークワーサーUVヴェール。
100%天然由来でエコサーと認定本格オーガニックコスメなのに水をかけると水が玉になって弾けます。

過酷な環境でそだった沖縄のシークワーサーが入っていて、ビタミンCも豊富で、つけながらニキビ予防にもなります。

色白使用のためか、顔やボディにつけると真っ白になってしまうので、普段使いがなかなか難しく、とくにクリーム自体は肌色なので、ボディにつけて、汗をかくと服に色がつくのも使いにくいところなのですが、これは海、プール用におすすめ。

SPF50PA++++でしっかり紫外線対策できて、水着の時なら多少白くなってもいいでしょうということで。

この夏、南の島に旅行に行くときには、これを使います。

粉とのバランス

uvhikaku19

オイリー肌のわたしは、リキッドの日焼け止めの上には、なにかしらテカリ防止のお粉をつかいたいのですが、色がついたリキッド日焼け止めの上には、色がついてないクリアなものの方が使いやすいです。

HANAオーガニックのウェアルーパウダーとMAMABUTTERのフェイスパウダーはどちらもクリア。ウェアルーパウダーはしっかりプレスしていあるので、持ち運びにも便利で使いやすいのですが、オイリー肌の私が使うと、パフに皮脂がつき、その皮脂で、ウェアルーパウダーがへんに固まってしまうことがあり、ふわふわのパウダーであるママバターのほうが使いやすかったです。

ママバターフェイスパウダーはテンカフンのようにたっぷりと、パタパタとつけるといらない皮脂はすってくれてお肌をさらさらにしてくれます。

私のオイリー肌で一番いい日焼け止めリキッドとパウダーの組み合わせはチェルラーモイストファンデーションとママバターフェイスパウダーでした。

オイリー肌の人は参考にしてみてくださいね。

チェルラーモイストファンデーション【アルマード】

ママバター【シンシアガーデン】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る