オイリー肌にも使えるバネッサミーガンローズヒップリバイタルフェイスオイル

オーストラリアの本格派ブランドVANESSA MEGAN(バネッサミーガン)ローズヒップリバイタルフェイスオイルをお試しさせていただきました。

vanessamegan8

スパイシーな香りと使い心地がやみつきになるオイルです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ACO認定のオーガニックコスメ

vanessamegan16

バネッサーミーガンはオーストラリアの厳しい審査基準ACO(Australian Certified Organic)をクリアしたブランドです。

ACOは世界でも信頼性の高い、オーストラリアで最大のオーガニック認定機関。

ACOのガイドラインにはこのようなものがあります

  • 原料の95%以上がオーガニック農作物
  • 残りの5%も農作物ではない天然原料またはオーガニック認定でない天然の農作物
  • 化学合成成分はいっさいふくまれない
  • 全ての農作物は遺伝子組み換えでない

また、ACOは食品基準でのオーガニック認定機関のため、口に入ったとしても安全なレベルでないと認められません。

ということで、バネッサミーガンでは、“口にできないものは肌にもつけない”をコンセプトにより限りなくピュアな素材で作った肌がたべても安心で安全な原料のみを使っています。

製造工程、輸送にもこだわりがあり、管理が行き届いた自社工場で調合し、ボトリングする手作り生産

輸送に時間がかかり、商品が劣化するのを防ぐため、船便ではなく、全品航空便で輸送することにこだわっています。

保存料は、一般的なアルコールではなく、キムチ発酵にも使われるダイコン由来の乳酸菌バクテリアやエルダーベリーに含まれる天然保存料をつかっています。

厳選された素材、保存料、製造工程、輸送とそれぞれにこだわりがあるため、お値段は高めなのですが、それほど貴重でしっかりしたブランドであることが使ってみるとよくわかります。

オイルは1滴を水で薄めてつかってもよいので十分なので、1ビン購入すると思ったより長く使えますよ。

オイルを中心としたスキンケア(使い方)

vanessamegan2

バネッサミーガンには、化粧水や乳液がありません。正確にいうと、ローズウォーターというものがあり、化粧水代わりにつかってもいいのですが、基本は、オイルやクリームをつかったスキンケアになります。

これは、肌に過保護に水分を与えると乾燥するという考えから。ただし、バネッサミーガンのローズウォーターや手持ちの化粧水と合わせてつかっても大丈夫ということで、私は手持ちの化粧水と合わせて使っています。

使い方は、化粧水の後、オイルを1プッシュ。そこに水(ローズウォーターなど)で数滴を加えて、手のひらでよく混ぜてマッサージするようにつけます。

オレンジ色のオイルは、わりとさらっとしていて、特に水でうすめるとよく浸透します。

オイルなのでいろんな使い方があると思いますが、

クレンジングとしても使えます。

これはお風呂の中がおすすめですが、顔にオイルをつけてくるくるとマッサージすると化粧や汚れがよく落ちます。

そのまま蒸しタオルをのせて湯船につかっているとなんともいえぬすっきり感。

私のお気に入りはヘアオイルとして。

vanessamegan37

頭皮がべたつく私はこの季節、頭皮さっぱり、軽くふんわり仕上がるシャンプーをつかっていますが、それだと頭皮にはいいのですが、私の髪質だと広がってまとまりきれないときがあるんですね。

そんなとき、ローズヒップヒップリバイタルフェイスオイルを水でちょっと薄めて手のひらでのばし、髪の毛にワックスをつけるようにもみほぐすようにつけるとしっとりまとまりツヤがでます。

髪の毛につけるとべちゃっとなっちゃうオイルもありますが、ローズヒップリバイタルフェイスオイルは、さらさらな髪にツヤがでて理想の髪質になって気に入っています。

オイルの中に入っている成分

vanessamegan29

ローズヒップリバイタルフェイスオイルの中に入っている成分はこちら

ローズヒップ油 ・ ローズマリー葉油 ・ インドレモングラス油 ・ ベチベル根油(ベチパー)

ローズヒップ⇒必須脂肪酸オメガ3.6.9を含み シワを減少

ローズマリー⇒酸化防止

レモングラス⇒毛穴・肌引き締め効果 たるみ対策

ベビバー⇒顔色をよく 明るく

天然ビタミンたっぷりで自然治癒力を高め、肌力を高めてくれます。いずれも有機オーガニックオイルです。

つかってみた感想

vanessamegan24

オイルを最初に手にとってみたときのオレンジ色の違和感。濃い色でオイル自体も濃いのでは・・オイリー肌だけど大丈夫かな・・とおそるおそるつかってみましたが、オイルのみではなく、水でうすめることで、ちょうどいい濃度でお肌につけることができます。

香りが独特で、これも最初、“え?虫のにおい?”ととまどったのですが、オイルそのものだとスパイシーすぎていままで嗅いだことない香りでしたが、少し水でうすめて、毎日つかっているとだんだんこの香りにはまってきました。

うちには娘が二人いて、長女に香りをかいでもらったら、“なんかへんな香りがする”というのですが、ハーブが好きな次女にきいてみると、“お寿司のガリのにおいだね いい香り”と。

まさにガリかも。

甘酸っぱさのなかにジンジャー風のスパイシーな香りがします。最初はちょっと、ん?って思ったのに毎日つかっているうちにスパイシーな香りに酔って中毒になりそう。

ずっとにおいをかいでいるとなんだかハーブたっぷりの料理にもつかえそうで、これはやっぱり“口にできないものは肌にもつけない”オイルなんだな~と実感。

オーガニックコスメの香りといったら、だいたいがダマスクバラで後は柑橘系が多い中、この香りは他にはなくて癒されますね~。

オイルとしても優秀。

バネッサミーガンには2種類のオイルがあり、

天然エリクシールフェイスオイル(NEO)とこのローズヒップリバイタライジングフェイスオイルですが、乾燥、ニキビや吹き出物ができるお肌にはエリクシールを、オイリー肌混合肌の人には、ローズヒップオイルがむいているみたい。

私はニキビもできやすいオイリー肌でどっちをつかってもいいのかもしれませんが、こちらのオイルを使ってもべたべたしすぎず、とくに寝る前に使うと肌が引き締まるのがわかるし、朝おきたときには、目の周りやほうれいせんなど気になるシワが薄くなっているように感じます。

ハリツヤ、引き締めに効果があるということですが、まさにそれを実感しています。

【バネッサミーガン関連記事】

オイリー肌にも使えるバネッサミーガンローズヒップリバイタルフェイスオイル

高品質のオーガニックシャンプー バネッサミーガン

大人ニキビに バネッサミーガン天然エリクシールフェイスオイル

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る