皮膜感がないオーガニックの日焼け止め ウェアルーUV

敏感肌の人、肌が弱い人にぜひつかってほしい日焼け止めがHANAオーガニックのウェアルーUV。

hana-uv5

つけたときの感覚が他の日焼け止めとは全然違い、とっても軽く皮膜感がありません。

HANAオーガニックのウェアルーUVは、天然100%、美容液成分85%配合で肌の弱い人でも安心して使えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ウェアルーUVの使い方

日焼け止めなので、スキンケアの後に使います。2プッシュとかいてあるけれど、よくのびるので、私は1プッシュでも十分かと思います。やや透明感のある肌色で、お肌にまんべんなく塗るとファンデーションなしでも光をコントロールして、毛穴、色ムラのめだたないクリアな肌にと整えてくれます。

ファンデーションの下地としてつかっても優秀。

酸化チタンなどミネラル成分をすべてアミノ酸等でナチュラルコーティングして、肌に直接ふれさせないように配慮しているので、お肌が弱い人も肌負担を減らせます。

落とす時にはクレンジングは不要です。

一般的な日焼け止めやUV背後のファンデーションは、石油由来成分のナノ化原料をつかっているて、お肌の奥まで浸透し、クレンジングをつかわないとなかなか落とすことができませんが、ウェアルーUVは、肌の上に成分んがまんべんなくのって、紫外線を防ぐので、お肌には限りなくやさしい日焼け止めで、せっけんで落ちます。

紫外線対策効果は?

hana-uv10

ウェアルーUVはSPF30です。SPF30は、10分程度で日焼けする環境にいた場合の日焼け速度を30倍遅らせる効果があることで、10分程度なら5時間後に、30分程度なら15時間後に塗り直しします。

また、海などの日差しの強い場所では2~3時間に一度塗りなおすといいようです。

私は、特になにもない日常ならこれだけですませています。これだけでも十分お肌がきれいにみえます。

海にこれで行くっていうのは、ちょっと勇気がいるなって思うので、この上にパウダーファンデーションや、ちがう日焼け止めなどをつかうなど、たしたり、かえたりシーンに合わせて使い分けるといいと思います。

ウェアルーUVは日常生活の日焼け止めとしては十分に紫外線対策をしてくれますよ。

とにかく軽い!キレイ!

hana-uv12

皮膜感がないこと、はオーガニックコスメの特徴だとHANAオーガニックの代表、林田さんからきいたのですが、ここまで皮膜感がないものだとは思いませんでした。
顔につける化粧水以外のものって多かれすくなかれ、なんか上にのってる皮膜感、そして息苦しさというのをいつも感じていたのですが、ウェアルーUVは本当に付け心地が軽い!

他のムーンナイトミルクなどHANAオーガニックのコスメ全体に、いえることですが、どれも皮膜感はなく、つけごこちがすっぴんのように軽いのが特徴です。

このウェアルーUVはその中でも軽くて驚きでした。

いいな~と思ったのは、お肌がきれいにみえること。

やや透明感がある乳液タイプの日焼け止めなので、カバー力はないのかなと思いますが、薄くきれいにひろがって、透明感のあるお肌に見せてくれます。

一度これを使うと手離せないかも。

hana-uv14

HANAオーガニック、ラインで使うと肌がやわらかく、生まれ変わってくるのを感じます。

HANAオーガニックをラインでお試しできるトライアルがおすすめ>>HANAオーガニックトライアルセット

ウェアルーUVだけをつかってみたいという人はこちらから>>ウェアルー【HANAオーガニック】

【関連記事】
肌全体のくすみを輩出 HANAオーガニックホワイトジェリー

ニキビ跡もオーガニックコスメでケア ホワイトクリーム

うるおい残す天然100%のせっけんピュアリキューブ

脂漏性湿疹の色ムラ補整にウェアルーUV【HANAオーガニック】

HANAオーガニックからトライアルセットが登場♪

常在菌を育てるクレイ洗顔 HANA御ガニックのピュアリクレイ

バラの香りでお肌をいやす化粧水 HANAオーガニックフローラルドロップ

くすみを追い出すオーガニックの美白ケア HANAオーガニックムーンナイトミルク

皮膜感がないオーガニックの日焼け止め ウェアルーUV

お肌にやさしい日焼け止め対決 HANA(ウェアルーUV) VS ETVOS(ミネラルCCクリーム)
HANAオーガニックのトライアルセット先着3000名に美白のホワイトジェリーがついてくる

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る